Nmapプロジェクトはこのほど、「Nmap 7 Release Notes」において、Nmapの最新版となる「Nmap Security Scanner version 7.00」の公開を伝えた。1つ前のリリースとなる「Nmap 6.0」は2012年5月に公開されており、3年半ぶりのメジャーアップグレードバージョンとなった。

Nmap 7の主な注目点は次のとおり。

・Heartbleed、POODLE、FREAKなどSSLの脆弱性を検出する機能の導入
・NSEエクステンション(Nmap Scripting Engine)の大幅な機能拡張。171の新しいスクリプトの追加、20のライブラリの導入を実施。より多くの作業をNSE経由で実施できるように機能強化
・IPv6のサポートの向上
・新しいNsockエンジンの導入によるWindowsおよび*BSDでのパフォーマンス向上
・公式サイトのSSLへの移行とGit/Subversionの相互運用などプロジェクトインフラの改善

Nmap (Network Mapper)はネットワーク探査およびセキュリティ監査の機能を提供するソフトウェア。すでに開発期間が18年を超えており、サーバのセキュリティホール検出やネットワーク探査などで欠かすことのできないソフトウェアとなっている。

(後藤大地)