ココア好き悶絶の期間限定「ココアバー」第2弾は埼玉・越谷!/「堂島ロール」でおなじみの「モンシェール」とのコラボスイーツもあるよ

写真拡大

寒い日に飲むと、心までふわ〜っと温まりそうなココア。これからの時期には欠かせない定番ドリンクですよね! さて、ココア好きのみなさんに朗報です。「バンホーテン ココアバー」が11月20日〜2016年5月20日までの期間限定で、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンにオープンします。

今年の春、原宿に期間限定オープンした「ココアバー」の第2弾となる今回は、「堂島ロール」でおなじみのパティスリー「ベビーモンシェール」とのコラボスイーツが新登場! 新たなドリンクメニューも加わり、総勢24種類のラインナップとなります。

「1日1ケーキ」をモットーにしている記者(わたし)が、ひと足お先にココアバーの試食会に足を運んできました。新メニューや話題を呼んだ「ココアビール」の気になる味をお伝えしちゃいます!

【ココアの香りで幸せ気分♪】

店内に足を踏み入れた瞬間に広がるチョコレートやココアの甘く優美な香り。スイーツ好きなら、ワクワクしてしまいそうな香りなのです。チョコレート専門店以上にカカオの香りが感じられるのは、本当にすごい! 

【モンシェールとのコラボスイーツ】

さて、今回新登場となるスイーツは「ココアロールケーキ」(1カット400円/1本1600円)と「ココアシューエクレア」(450円)の2種類。店内で食べられるスイーツは「ココアシフォンケーキ」(800円)や「ココアマドレーヌ」(250円)なども。

ココアを練り込んだふわっふわの堂島ロール生地にチョコレートクリームをたっぷり巻き込んだ「ココアロールケーキ」は、まるでチョコのムースを食べているかのようにリッチなお味。濃厚なのに重くないので、1カットペロリと食べられちゃいます。

「ココアシューエクレア」は、ココア味のシュー生地にココア入りのカスタードクリームと堂島ロールのふわっとした生クリームにアーモンドをプラス。表面にかかったココアパウダーが、全体の味わいをキリッとまとめています。

「どれもバンホーテンココアの風味を最大限に楽しんでいただけるよう、スイーツ開発を手がけた」(担当者談)とのこと。確かにココアの風味たっぷりです。

【オシャレな味わい!「ココアビール」を飲んでみた】

多くのメディアで取り上げられた「ココアビール」は、今回も楽しむことができます。試食会のメニューには掲載されていなかったのですが、バンホーテンココアへの募る思い(※わたしはかれこれ15年以上、チョコレート系のお菓子を作るときにはバンホーテンココアを愛用しています)をお伝えしたところ、ココアビールを試飲させていただくことができました。感激〜ッ!!

「ココアを使ったドリンクの開発中、偶発的に生まれた」というこのドリンク。担当の方に「アイスココアをビールに少しずつ注ぎ入れて、味の変化を楽しんでみてください」と言われたので、そのようにしてみました。

アイスココアを半分注いだときはビールの苦みが強調されるような気がしたのですが、全て混ぜ合わせたらとーっても上品な味わいのドリンクに変身! 「ココアビール」とココアを使ったスイーツのマリアージュも素晴らしく、スイーツの楽しみ方も広がりそうです。

ラズベリーやピスタチオ、ジンジャーなど変わり種ココアも充実。「ラズベリーココア」を試飲しましたが、ラズベリーがふわ〜っと口中に広がり、まったり濃厚なのに爽やかな後味。なんだかロマンチックな気分になってしまいました。そういえば、チョコやココアには媚薬効果があるんだっけ!

イオンレイクタウンは埼玉県越谷市にあるため、都心から少し離れていますが、のんびり食事や買い物ができる施設。雨の日でも楽しく過ごせるので、友人や彼を誘って買い物がてら越谷に出かけてみるのもよいのでは? バンホーテンココアバーはJR越谷レイクタウン駅からすぐの場所にあるので、まずはカフェで休憩してから、買い物に繰り出すのもアリですよ!

■店舗情報 VAN HOUTEN COCOA BAR(バンホーテン ココア バー)
出店期間:11月20日(金)〜2016年5月20日(金)
住所:埼玉県越谷市レイクタウン 4-2-2 イオンレイクタウンkaze レイクタウンゲート1F
営業時間:9:00〜22:00

取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る