ディーン・フジオカ、「五代さま」と次なる「ドS男」役を語る
 NHKの連続テレビ小説『あさが来た』に出演し話題沸騰中のディーン・フジオカ(35歳)。ドラマでは、大阪の発展になくてはならない重要人物、五代友厚を演じています。当初NHKには「あのイケメンは誰だ!?」という問い合わせが相次いだとか。

 若くしてアメリカに発った五代友厚と同様に、ディーンさんは10代で日本を離れています。’80年に福島県に生まれ、高校卒業後はシアトルの大学に留学。その後、アジアを放浪して香港でスカウトされてモデルになり、香港と台湾で俳優として、インドネシアでミュージシャンとして音楽制作し、2015年に日本で連続ドラマデビュー…。

 異色の新星、ディーンさんにインタビューしました。

◆五代さまとは全く違うドSなキャラ

 インタビュー当日、来年1月スタートの連続ドラマ『ダメな私に恋して下さい』(TBS系)で、深田恭子の相手役として“ドSな元上司・黒沢歩”を演じることが発表されました。まずは、この新ドラマについて聞いてみました。

―――『ダメな私に恋して下さい』の原作漫画は、もう読まれましたか?

ディーン・フジオカ(以下ディーン):ええ。あまり女性向けの漫画を読まないので、とても新鮮でしたね。

 内容は、貧困問題やジェンダーなどの社会問題にも絡んでいて、実はシビアですよね。でもコメディタッチで描かれています。「絶望」って現実社会に溢れているじゃないですか。だからあえてこうした問題をシリアスにせずに、ラブコメディにすることで、元気をもらえる人たちがいるんじゃないかな、と。

―――作品の見どころはどこだと思いましたか?

ディーン:僕が演じる黒沢がドSなところじゃないでしょうか(笑)。普段、あまり女性に厳しく接することはないので、心苦しいです。

 でもドラマをおもしろくするには、勢い余って脚本にヒトコト足しちゃうくらいの気持ちで、キツい態度のオンパレードにしようって思っています(笑)。

⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=402578

―――プライベートではドSではないのですね?

ディーン:だいぶレディ・ファースト文化を体験で学びましたからね。

 例えば、妻はインドネシアの人なんですが、オーストラリアで育ったので、西洋的な「男だったらこれくらいやるべきでしょ?」っていう考えがはっきりあるんですよね。

 自分もアメリカに長くいたので、そういったマナーや考え方ができないわけじゃないですが、彼女と一緒にいることで自然と身についたのかもしれません。

―――次の黒沢役にはどう取り組もうというような意気込みはありますか?

ディーン:『あさが来た』の五代友厚役のように、真っ正面からぶつかっていきたいですね。

 僕は、役作りのために五代さんについて調べているうちに、彼の大ファンになってしまいました。

 パスポートも国交もない時代に、名前を変えて脱藩して、船に密航して、命をかけて外国に行って。「日本という国が消えてなくならないためには、伝えなきゃいけないことがある」と言って帰国して。

 それが日本経済の土になり、栄養になっていった。知れば知るほど感動しました。そういう感じで、黒沢とも向き合って行ければいいなと思います。

◆日本で仕事はできないと思っていた

―――ディーンさんと五代友厚は、国際感覚など、重なる部分があるように思います。

ディーン:今、僕がこういうスタイルで生活できるのは、150年前に五代さんのような先輩がいたからです。共通点なんていうおこがましいことではなくて、巨人の肩の上に乗っかっている感じですね。

―――去年までは台北とジャカルタを行き来する生活だったそうで。