死亡率が最も下がる「コーヒーの1日の摂取量」は3〜5杯と研究で判明

ざっくり言うと

  • 米大学の研究によると、死亡率が下がる「1日のコーヒー摂取量」が判明した
  • 3〜5杯飲むことで、心臓病などの死亡率が普通の人より15%低かったという
  • カフェインの摂取量のバランスを考え、飲み過ぎないことが大切とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング