写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドラえもんをはじめ、数多くの名作を生み出し、日本を代表する歴史的な漫画家である藤子・F・不二雄氏のふるさとである富山県高岡市の高岡市美術館2階に「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」が2015年12月1日(火)12:00よりオープンする。

「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」は、藤子・F・不二雄氏が幼少から少年時代を過ごし、「漫画家になりたい」という夢を育んだ、ふるさと高岡での足跡をたどりながら、たくさんの原画を通して藤子・F・不二雄氏の「まんが」の原点や作品の楽しさ、おもしろさに触れることができるギャラリーとなる。

○「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」おもな展示内容

1.「原点としての高岡」
藤子氏の手作り「幻燈機」を再現し、藤子氏の写真と言葉で綴った「ふるさと高岡の記憶」映像(約4分)を紹介するほか、まんが家への夢を育んだふるさと高岡での、上京までのさまざまな創作活動を中心に展示。

2.「まんが家、藤子・F・不二雄」
ベレー帽やカメラなど藤子氏の愛用の品や、「ドラえもん」をはじめとするまんがの原画を展示。

3.「企画展示」
期間限定の企画展示を開催。今回は、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の企画展示「原画展 大長編ドラえもん」を開催。

4.「ドラえもん像の展示」
高岡の伝統産業である「高岡銅器」で製作したドラえもん像の展示。

5. 「ギャラリーショップ」「まんがライブラリー」
このギャラリーでしか買えないオリジナルグッズや「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」のオリジナルグッズを販売。自由にまんがを読むことができるライブラリーも設置される。

入場料や開館時間などの詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

(C)藤子プロ
海の王子/(C)藤子プロ・藤子スタジオ
オバケのQ太郎/(C)藤子プロ・藤子スタジオ