森山大道のカラー作品が集結する展覧会「DAIDO IN COLOR」原宿で開催 - 150点を展示

写真拡大

森山大道のカラー作品による展覧会「DAIDO IN COLOR」が、東京・原宿のアートスペースAMで開催される。期間は2015年12月15日(火)から2016年1月30日(土)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

60年代後半から80年代前半、森山の撮影の大半はモノクロームフィルムを占めていたが、写真誌の依頼で街・路上でのスナップショットをカラーのフィルム(リバーサル)で撮影する機会がしばしばあった。本展では、この時代のカラー作品を150点展示する。

森山はカラー作品に対して次のように語る。「モノクロームは、プリントで操作をしたり粒子を荒らしたりできるが、カラーではできないし、考えていないんです。カラーでは、ニッポンの東京の俗っぽい場所や生々しい色を撮っている。単純にいうと、モノクロームには、印象性、象徴性、抽象性があるけれど、カラーには、ポップでクリアーでジャンク、いい意味でペラペラな感じがあるね。」

会場を埋め尽くすのは、当時の匂いや空気、騒音が、鮮度高くヴィヴィッドなイメージの中に封じ込められた作品の数々。不思議なのは、開発や社会変動により大きく街の様相は変わったのに、現在の感覚で写真を感じることができるところ。写真の前に立てば、過去の被写体がリアルな存在感をともなって迫ってくる。

「カメラを持って街に出れば、そのときの僕の体内のセンサーのありようで、いろいろなものを撮るわけだけれど、どの時代にも、街には、コメディやエレジーやドラマ…すべてが包括されている。街は、ステージでありミュージアムでありスタジアムであり、興味がつきないね」。森山の当時のカラー作品が、このボリュームで一堂に揃うのは、初めての機会。彼の撮り下ろしたカラー写真の数々を、ぜひ直接観賞しに行ってみて。

【展覧会概要】
森山大道写真展「DAIDO IN COLOR」
会期:2015年12月15日(火)〜2016年1月30日(土) 13:00〜19:00 (月曜・火曜休み)
会場:アートスペースAM
住所:東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ301
TEL:03-5778-3913
展示作品:
・8x10インチサイズ(六つ切り)にプリントされたカラー作品150点。
・60年代後半より80年代前半にかけて、リバーサルフィルムにより撮影。