写真提供:マイナビニュース

写真拡大

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月24日、同日15時50分に種子島宇宙センターより打ち上げたH-IIA29号機に搭載したカナダTelesatの通信放送衛星「Telstar 12 VANTAGE」の分離に成功したと発表した。

今回の打ち上げは、H-IIAロケットとして初の商業打ち上げとして注目を集めていた。

H-IIAロケットはこれまで、静止軌道に投入する際の衛星側の負担が大きく、それが商業打ち上げの本格化向けて課題とされていた。対して、29号機は第2段の運用時間を延長した「高度化仕様」となっており、今回の打ち上げ・分離成功は今後の商業化に向けて弾みをつけるものとなる。

H-IIAロケット29号機の現地取材記事
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - "高度化初号機"の打ち上げを現地からレポート! 今回の注目点は?
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - 打ち上げ前のY-1ブリーフィングが開催、気になる天候は?
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - 機体移動が完了、高度化H-IIAロケットがついに姿を現す!