誰にでも体臭はありますが、それが行き過ぎるとビジネスシーンでも嫌われるもとに。その上、彼女にまで嫌がられてしまったら、目の前は真っ暗。お風呂で体をしっかりと洗ったり、デオドラントで外側のケアをすることは大切ですが、食べ物によって内側からニオイケアをすれば、「臭わない男」になることができますよ。

体臭改善のカギは腸内環境にアリ!

食べたものは胃や腸で消化されますが、その時に発生するのがニオイです。ニオイ成分は便や尿と一緒に排出されますが、血液から体内に吸収されてしまうニオイもあり、体臭や口臭となってしまいます。肝臓で分解された際に残るニオイ成分もあります。食べ物で体臭や口臭を消すには、腸内環境を整えてニオイとなるものの速やかな排出を促したり、ニオイ成分の分解を促進する食べ物を食べることが必要です。

食物繊維と乳酸菌のセット食べが効果的!

食物繊維が多く含まれている食品を食べれば、便通を促し腸内の老廃物をスムーズに排出することができます。また、乳酸菌をたくさん摂取することで、腸内の善玉菌を増やし、ニオイのもととなる悪玉菌を減らすことができます。乳酸菌は、ヨーグルトや味噌、漬け物などから摂ることができますが、ここで注目したいのが、食物繊維が善玉菌のエサとなり、腸内で善玉菌が増える手助けをするということ。ゴボウや豆類など、食物繊維を多く含む食品を積極的に食べましょう。バナナや豆類、ハチミツなどに含まれるオリゴ糖も善玉菌のエサになる栄養素です。

料理のツマについているシソにも驚きの効果が!

シソは料理の添え物のように考えられがちですが、体臭を防ぐ大きな働きをする食べ物です。残さず食べるようにしましょう。シソといえば爽やかな香りが特徴ですが、その香りのもととなっているのはぺリアルデヒドという成分。ぺリアルデヒドは防腐・殺菌作用がある成分です。お刺身と一緒に食べれば、食中毒を防止することができますが、腸内でニオイ成分を分解する働きがあります。薬味として食べるだけでなく、シソジュースにすれば、大量のシソを食べることができます。

体臭は食べ物でケアできますが、逆に食べ過ぎない方がいいものもあります。肉類などのたんぱく質は腸内で分解され、ニオイの原因となる硫化水素やアンモニアを発生します。体臭が気になるときは、食べ過ぎずほどほどにしておきましょう。


writer:岩田かほり