子育ての疲れを癒やすにはコレ❤ママ達のリアル大公開!

写真拡大

「自分の時間がないっ!!」、そう嘆きたいママはほぼ全員だと思いますが、家事に子育てに、さらには仕事もこなし、ヘトヘトで心は乾きまくり…という人も多いのでは?

今日は、そんな頑張るママ達の癒しアイテムや、ちょっとした贅沢についてリアルな声を集めました。

あなたはどんな癒しで毎日を乗り切りますか?
「一人で贅沢」編
・「子どもを預けたら、昼からビール! といっても、飲んだくれるのではなく、家で家事をしながら缶ビール1本です。ママ友とランチをするときにもときどき飲んだりしますが、あまり頻度が高いと酒乱を疑われそうなので、主には家で飲みます」(34歳/専業主婦)

­

・「『出社が早い』とウソをついて、朝会社に行く前にコーヒーを1杯ゆっくり飲みます。たった20分くらいの時間ですが、ゆったり自分だけの時間を楽しめます」(36歳/兼業主婦)

­

・「親に子どもを預かってもらって、どこでもいいから一人or旦那と二人で出かけます。実家が近いからできることなので、親に感謝!」(35歳/兼業主婦)

­

最後のデートはステキですね。ご両親が近くにいないと確かに実現は難しそうですが、旦那様に預けての一人外出も、たまには息抜きになりますよ!
「子どもと一緒」編
・「子どもとカラオケに行きます! 子どもの面倒を見てくれる人がいないので、子どもといつも一緒です。大声を出して、子どもとはしゃいでスッキリして帰ります」(34歳/パート主婦)

­

・「できれば一人で行きたいけれど、子どもとスーパー銭湯に行きます。大きなお風呂にゆっくり入れて、子どもも私も満足です」(33歳/専業主婦)

­

スーパー銭湯には「オムツが取れていること」などの制約がありますが、家のお風呂でせかせか入るよりも、気持ちがリフレッシュされる銭湯は意外と安上がりなストレス解消法なのかもしれませんね。
「お金をかける」編
・「普段使っている化粧水やボディクリームを少しだけ高いものにします。といっても、カウンター系の高い商品は買えませんが、香りがちょっと変わるだけでも満足です」(31歳/パート主婦)

­

・「定番ですが、会社帰りに1品だけデパ地下総菜を買って帰ります。値段は高いですが、“1品作らなくてよい&美味しいものがあるだけで幸せ”で、なんだか家に帰るのも楽しみになります」(34歳/兼業主婦)

­

・「数ヶ月に1回ほど、どうしても我慢が限界になったら駅前の激安マッサージに行きます。3000円でおつりがくるレベルなのですが、スッキリするし、その間に子どもの面倒も見てもらえるのでリフレッシュできます」(32歳/兼業主婦)

­

デパ地下総菜やマッサージはお財布との相談になりそうですが、確かに独身女子もご褒美スイーツはよく自分に買い与えますし、そう考えると、いくつになっても女子のリフレッシュ方法は一定の傾向があるようですね。

­

さて、みなさんが実践できそうなリフレッシュ方法はありましたか?

ちなみに筆者の友人は「家事放棄!」と豪語しておりましたが、旦那さんの優しさにより、放棄した日は全部やってくれるそうです…優しい。

子育ては日々幸せを感じつつも戦いだと思います。どうかストレスを溜めすぎることなく、毎日を充実させてくださいね。

­

<プロフィール>

おおしまりえ

雑食系恋愛ジャーナリスト/イラストレーター

10代より水商売やプロ雀士、素人モデルなど人気商売に身を投じ、のべ1万人の男性を接客。無自覚の気持ちを見抜く観察眼と、男女の特性を踏まえたコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動。大手メディアを中心に年間100本以上恋愛コラムを執筆中。

­

写真© Yusei - Fotolia.com