千葉の味覚をふんだんに使ったぜいたく丼

写真拡大

館山自動車道・市原サービスエリア(SA)上り線にある海山食堂は、店内で精米し、羽釜で炊き上げた千葉県産の美味しいご飯が自慢の店。その海山食堂の千葉県産コシヒカリとともに、地場食材の魅力をこれでもかと味わえるのが、「房総さばのカツ玉丼」(950円)だ。

【写真を見る】千葉産イモ豚を使った肉野菜丼や生姜焼き、銘柄豚である元気豚を使用したカツ丼なども販売

料理の主役であるサバは、千葉沖で捕れた肉厚のものを使用している。それを天日干しすることで、旨みが凝縮されていて格別の味に。カツにすると外はサックリ、中はふんわりで食べ応えもある。そして、ほかに使用しているサバ花削り、ご飯、そしてそれらを包む地養卵も地場のものを使用するという徹底ぶりだ。

味付けにはソースとマヨネーズを使用。サバの下に敷いたコールスローと相性ばっちりで、ご飯がどんどん進む。

海山食堂は11時から22時までの営業。立ち寄った際は、ここでしか食べられないサバカツ丼をチェックしてみては。【東京ウォーカー】