写真提供:マイナビニュース

写真拡大

H-IIAロケット29号機の現地取材記事
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - "高度化初号機"の打ち上げを現地からレポート! 今回の注目点は?
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - 打ち上げ前のY-1ブリーフィングが開催、気になる天候は?
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - 機体移動が完了、高度化H-IIAロケットがついに姿を現す!

既報のように、H-IIAロケット29号機が11月24日15時50分、種子島宇宙センターより打ち上げられた。前日まですっきりしない天気の種子島であったが、この日は予報通り回復。ロケットは青空の中へ飛び立ち、固体ロケットブースタ(SRB-A)の分離まで見ることができた。

ロケットは18時現在、第2段エンジンの2回目の燃焼まで無事に終了しており、衛星とともに、慣性飛行で静止トランスファー軌道(GTO)の遠地点へと向かっているところだ。まさに高度化の成果を発揮しているフェーズであり、無事に再々着火を行い、所定の軌道に衛星を投入できるかどうか注目される。

打ち上げが当初の予定より27分遅くなったため、第2段エンジンの再々着火は20:12ころ、そして衛星分離は20:16ころになる見込みだ。その後、21:45より記者会見が開催される見通しなので、詳報についてはしばらくお待ち頂きたい。

(大塚実)