左上から時計回りに森岡龍、前野朋哉、新井浩文、黒木華

写真拡大

『舟を編む』の脚本を手がけ、第37回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作が、脚本のほか、新垣結衣主演の『フレフレ少女』以来8年ぶりとなる監督にも挑戦した『エミアビのはじまりとはじまり』。この映画の製作・公開が決定し、キャスト陣からのコメントが到着した。

新垣結衣が袴姿で舞台挨拶し、渡辺謙作監督から謝罪!?

本作は、人気上昇中の若手漫才コンビ「エミアビ」の片割れ・海野が自動車事故で死に、遺された相方の実道がマネージャーの夏海を連れ、車に同乗していて、やはり死亡した雛子の遺兄である黒沢に会いに行くというストーリー。黒沢も数年前までお笑いの世界にいたエミアビの先輩であり恩人だったのだ。

十年来のパートナーを失った現実が感じられず、未だ泣けていなかった実道に、黒沢は「エミアビの大ファンだった雛子を最期にもう一度笑わせてくれ」と要望する。引き受けた実道はピンネタを披露するも、思いもよらず黒沢のダメ出しが連発される展開に。はたして実道は泣けるのか? 黒沢を笑わせることができるのか? 遺された者たちの再生が描かれていく。
 
漫才コンビ「エミアビ」の遺された相方・実道を演じるのは、テレビドラマ『天皇の料理番』や土曜ドラマ『64』などで注目の森岡龍。その相方で、自動車事故で死んでしまう海野を、映画『イニシエーション・ラブ』やテレビドラマ『おかしの家』などで活躍する前野朋哉が演じる。

エミアビのマネージャー夏海役には、『小さいおうち』でベルリン映画祭最優秀女優賞を受賞した黒木華。『百円の恋』『バクマン。』などインディーズからメジャーまであらゆる作品で独特の存在感を放つ新井浩文が、エミアビの先輩・黒沢に扮する。

本作の主演に森岡は「この映画が描いているのは『芸』にまつわるあらゆる感情、そして『芸』そのものだ。はたして『芸』は身を救うだろうか。少なくとも僕はこの映画を通して救われた思いがした。ちょっとすごい映画になったと思う。ぜひ、見て下さい」。同じく主演の前野は「『お笑い』の映画ですがとても哀しい映画です。『人が死ぬ』映画ですが、とても楽しく希望溢れた映画です。『おふざけ』満載の映画ですが、本気です。ぜひご覧いただけると嬉しいです」とコメント。              

『舟を編む』にも出演していた黒木は「渡辺謙作さんの書かれる脚本は、今回で2度目ですが、登場人物が魅力的で、いつも惹かれてしまいます。今まであまりやったことのない役をやらせて頂き、とても楽しかったですし、完成が待ち遠しい作品になりました」と話し、新井は「こんな情けない主演と映画をつくったのは初めてです(笑)」とのコメントを寄せている。

『エミアビのはじまりとはじまり』は2016年にヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開となる。

安藤サクラのロバート・デ・ニーロばりの肉体改造を新井浩文が絶賛
『たべるダケ』でドラマ初主演の後藤まりこに、共演の新井浩文が「いい食べっぷり」
黒木華がベルリン映画祭で最優秀女優賞に!「山田監督のおかげです」
日本人最年少でベルリン映画祭銀熊賞受賞の黒木華が凱旋会見!「実感はまだあまりない」