Googleアカウントで「フォース」の種類を選択できるキャンペーン

写真拡大

Googleアカウントで、映画『スター・ウォーズ』のライトサイドとダークサイドのどちらにつくかを選べるようになった。選択すると、複数のアプリでデザインが変更される。

「Googleアカウントで「フォース」の種類を選択できるキャンペーン」の写真・リンク付きの記事はこちら

Googleが、映画『スター・ウォーズ』におけるフォースのライト(光)サイドとダークサイドとの間の争いについて、自分の立場を選ぶチャンスを与えてくれることになった。

『スター・ウォーズ』第7作となる『フォースの覚醒』では、非常にクールなプロモーションがいくつか行われている。そのひとつとして、Googleのスペシャルサイトを訪問すると、ヨーダやレイといった、善人ばかりがそろった反乱同盟軍のライトサイドにつくか、ダークサイドに加わって自分の合理的な利己主義を表明するかを選ぶことができる。

ふたつのうちどちらを選んだ場合でも(道徳は相対的なものと考える人には気の毒だが、「どちらでもない」という選択肢は存在しない)、Googleの各アプリで、支持する側を示すカスタムデザインが提供される。

例えば、「Googleマップ」では、目的地まで導くのがTIEファイター(帝国軍の戦闘機)かXウィング(反乱同盟軍の戦闘機)になったり、小さな人間アイコン「ペグマン」が「ストームトルーパー」か「反乱軍のパイロット」になったりする。

「Inbox by Gmail」では、背景画像が変化するほか、ローディング時に表示されるプログレスバーが、(サイドによって色の違う)ライトセーバーになったりする。

提携するアプリやサーヴィスとしてはこのほかにも、「Googleカレンダー」、「Gmail」、「Google検索」、「Google翻訳」、「YouTube」、Android Wear、「Chrome」ブラウザー(拡張機能が必要)、携帯向けGPSアプリの「Waze」、携帯機器のコンテンツをテレビで視聴するための機器「Chromecast」などが、携帯向けとデスクトップ向けにカスタムデザインを提供する(携帯電話とブラウザーの利用体験を完全にカスタマイズするには、自分のGoogleアカウントをそれらに完全に関連付ける必要がある)。

サインアップすると、Googleのプロフィール写真用にカスタマイズされた画像デザインが提供され、ソーシャルメディアを通じて自分の決断を世界に伝える機会が得られる。

「誤った決断をしてしまった、と後悔するかもしれない」との心配は不要だ。選択はいつでも変えられるので、『フォースの覚醒』の登場人物フィンのように、改心してヒーローになる機会は常にある。

なお、この機能は、Googleの個人用アカウントのみに適用されるため、「Google Apps for Work」を実行している各企業が、利用者に『スター・ウォーズ』関連の忠誠心を示すことを義務付けられはしない。

関連記事:「スター・ウォーズ」最新作にみるディズニーの入念なPR戦略

TAG

DesignGoogleStar WarsWIRED UK