左から波瑠、葉山奨之、入江甚儀

写真拡大

視聴率も絶好調のNHK連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインを演じる波瑠の主演映画『流れ星が消えないうちに』が11月21日より公開となり、同日、角川シネマ新宿で行われた初日舞台挨拶に、波瑠をはじめ、入江甚儀、葉山奨之、黒島結菜、小市慢太郎、柴山健次監督、主題歌を歌う塩ノ谷早耶香、挿入歌を歌う桐嶋ノドカが登壇した。

[動画]映画『流れ星が消えないうちに』予告編

本作は、発行部数30万部を超え、広く親しまれている橋本紡(「半分に月がのぼる空」シリーズ)の同名小説を映画化したヒューマンラブストーリー。突然の事故死により恋人を失い、前に進めずにいた波瑠扮する主人公の奈緒子が、再びゆっくりと前に向って歩き出す姿が描かれていく。

この日の波瑠は、『あさが来た』の撮影が行われている大阪からやって来たそうで、「朝から大阪からやってきました。みなさんにお会いできてとっても嬉しいです」と挨拶。前に進めずに思い悩む奈緒子を演じていたが、撮影現場の雰囲気は? と尋ねられると、「現場はドヨーンとはしていなかったです。でも脚本の心情に目を向けると、私はいつも悲しかったですけど」と話し、小市が挨拶で述べた「スタッフ・キャストの皆さんがすごく温かくて、幸せでした」という言葉を受け、「小市さんが仰っていたように、温かくて幸せな空間でした」と話した。

また、「ご自身は辛いことをキープしてしまうタイプですか?」との質問には、「ありがたいことに、私自身はぼんやりしているうちに、嫌なことを忘れちゃうんですけれど、奈緒子の身に起こったことは想像するだけで苦しくて苦しくて仕方ない時間でした。『奈緒子、頑張れ!』って思ってもらえたら嬉しいです」とコメント。

そんな波瑠に、共演の入江と葉山から、劇中でも使用された家庭用プラネタリウムがプレゼントされるサプライズも。「大阪で頑張ってください」と2人から言われた波瑠は、「ありがとうございます。びっくりぽんや!」と、『あさが来た』ヒロインの名ゼリフで答え、会場を沸かしていた。

波瑠が『GODZILLA ゴジラ』日本語吹替版で映画の吹き替えに初挑戦。ヒロイン役
初主演のプレッシャー!? 波瑠が撮影中にどんどん痩せていったと告白
波瑠ら9人の女の子が大部屋宿泊で修学旅行気分。寝相が悪かったのは誰?
[動画]波瑠も登壇、濱田岳は役得!? 胸をもむのに頭いっぱいでセリフぶっとんだ