写真提供:マイナビニュース

写真拡大

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月24日、15時50分に種子島宇宙センターよりカナダTelesatの通信放送衛星「Telstar 12 VANTAGE」を搭載したH-IIAロケット29号機を打ち上げた。

H-IIAロケット29号機の現地取材記事
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - "高度化初号機"の打ち上げを現地からレポート! 今回の注目点は?
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - 打ち上げ前のY-1ブリーフィングが開催、気になる天候は?
・【レポート】H-IIAロケット29号機現地取材 - 機体移動が完了、高度化H-IIAロケットがついに姿を現す!

同ロケットは同日の15時23分に打ち上げられる予定だったが、警戒区域内に船舶が確認されたため、カウントダウンが中断されていた。打ち上げのおよそ4時間後に衛星を切り離す予定となっており、その後開催される記者会見で打ち上げの結果が発表されることになる。

H-IIA29号機は第2段の運用時間を延長した「高度化仕様」となっており、今回の打ち上げはH-IIAロケットとしては初の商業打ち上げミッションとして注目されていた。