手塚治虫「知られざる名作」英訳版がデジタル化

写真拡大

手塚治虫のあまり知られていない作品の英訳版が、デジタルコミック・プラットフォーム「comiXology」で読めるようになった。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「手塚治虫「知られざる名作」英訳版がデジタル化」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-tez01

2/5

03-300700

3/5

04-300730

4/5

05-300760

5/5

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01-tez02

02-tez01

03-300700

04-300730

05-300760

漫画家、手塚治虫のあまり知られていない作品を、英語で簡単に読めるようになった。デジタルコミック・プラットフォーム「comiXology」で、この伝説のアーティストが生み出した大量のコンテンツを読めるのだ。

手塚氏は1989年にこの世を去ったが、いまでもまだ、世界で最も影響力のある漫画家のひとりであり続けている。「漫画の神様」とも言われる同氏は、第二次世界大戦後の日本において、漫画やアニメーションという産業の誕生と発展に大きく貢献した。芸術や大衆文化に彼が与えた影響は決して忘れられることはない(サンフランシスコで開催された展覧会に関する日本語版記事はこちら)。

鉄腕アトム』(実写映画化に関する日本語版記事はこちら)や『ジャングル大帝』『BLACK JACK』(ブラック・ジャック)は、手塚氏の作品の一部でしかない。同氏は数多くの漫画を世に送り出した天才で、作品のジャンルは多岐に渡り、対象となる読者もあらゆる年齢層にいる。

手塚氏の作品の中であまり有名でないもののいくつかを、米国の漫画出版社DMP(Digital Manga Publishing)がリリースしている。

DMP社はこれまで数年に渡って、それほど知られていない手塚作品を西欧に紹介してきたが、出版の際には毎回、主に「Kickstarter」でキャンペーンを行って資金を調達していた。米国を拠点とする出版社をクラウドファンディングで支援する人は世界中にいるが、重たいコミック本を出荷するにはコストがかかるため、その多くは愛好家たちのコレクション品になってしまっていた。

現在電子版で読めるタイトルには、 海底の英雄を描いた『海のトリトン』、少年とその守護者であるトラの冒険物語『勇者ダン』、火星を舞台にしたカウボーイが主役の『キャプテンKen』がある。『鉄腕アトム』をコメディーにしたスピンオフ作品『アトムキャット』もリリースされている。

手塚氏は、西洋の文学作品も漫画のなかに採り入れ、世界の古典に独自のアレンジを加えている。そうしたジャンルの作品から、たとえば『罪と罰』や『新宝島』などをDMP社がデジタル化してリリースしている。

手塚氏は、歴史上の人物の生涯に空想的解釈を加えた作品も残している。『ルードウィヒ・B』は、作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの若き日の姿を描いた作品だ。

これらのタイトルの各巻の価格は、6.99ポンド〜15.49ポンド(1,300円から2,900円)だ。

関連記事:英国に続々と上陸する日本のアニメ作品

TAG

MangaOsamuTezukaWIRED UK