▽鳥栖は24日、筑波大学のDF三丸拡(みつまるひろむ/22)が来シーズンより加入することが内定したと発表した。

▽三丸は栃木県出身で、真岡高から筑波大に進学。鳥栖は「正確なプレーでチームに安定感をもたらせ、前線の選手と関わり合いながら攻撃参加できる選手。左足のクロスを得意とし、多くチャンスを演出できる」とプレースタイルを紹介している。三丸はクラブを通じてコメントした。

「サガン鳥栖という素晴らしいクラブで幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせることができることに自分自身驚きを隠せないとともに、大変嬉しく思っています」

「常に一番近くで応援してくれていた家族、サッカーを始めてから今まで指導してくださったコーチや先生方、そして自分の人生に関わってくださった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです」

「これからも感謝の気持ちを忘れずに、サッカー選手としても人としても大きく成長して、1日でも早く活躍し、クラブの発展に貢献できるよう頑張ります。サポーターの皆さま応援よろしくお願いします」