有村架純の手を取り走る藤原竜也、映画「僕街」象徴する場面写真。

写真拡大

“マンガ大賞”“このマンガがすごい!”で、ダブルで2年連続ランクインを果たし、映像化権争奪戦となった三部けい原作のミステリー「僕だけがいない街」。その実写映画化作品の場面写真が、このたび解禁となった。

本作は、自分の身に降りかかる“事件”を食い止めなければ、何度も同じ時間を繰り返してしまう「リバイバル」という現象に巻き込まれた男が、18年前に起きた小学生連続誘拐殺人事件の真犯人を突き止めるミステリー。忘れたはずの幼少期の辛い記憶と、当時は気づくことのできなかった母親の自分への深い愛情、そして傷つくまいと距離を自ら取っていたクラスメートの優しさに触れることによって生まれる新たな友情とが、新しい記憶となって塗り替えられていく――ただのミステリーにとどまらない、優しさとせつなさに満ち溢れたドラマティックな感動作だ。

今回解禁された写真は、藤原竜也演じる悟が、有村架純演じる愛梨を守るため、手を取って走る場面で、物語を象徴する写真になっているという。ふたりは果たしてどこへ向かっているのか、それとも何かから逃げているのか……。

藤原はクランクアップ時のインタビューで、愛梨を守ろうと普通の青年・悟がヒーローのごとく、成長を遂げる姿について「兄貴の背中をみて育ってきたから、兄貴は頑張っているヒーローなんですよね。僕が小さいころから追っかけてきた存在なんです」と役作りにかかわる意外な一面を明かすと、有村についても「(有村演じる)愛梨は、すごく大切な存在。愛梨も難しい役だけれども、架純ちゃんらしく、成立させて、そして勤め上げていた」と絶賛している。

また、ふたりの役柄が垣間見える場面写真2点も併せて解禁されたが、「天皇の料理番」「JIN-仁-」「ROOKIES」でその名を日本全国に轟かせた平川雄一朗監督の最新作とあって、 “僕街”の完成が待ち遠しい限りだ。

映画「僕だけがいない街」は、2016年3月19日(土)、全国公開。