インターナショナルマッチウィーク明けのブンデスリーガ。日本代表選手たちのプレーは少々重たげだった。シンガポール、カンボジアと暑い中で試合と練習を行ない、ドイツの気候と時差に苦しんだのだろうというのが率直な印象だ。

 まず金曜日に行なわれたハンブルガー対ドルトムント。3−1と、ドルトムントがまさかの今季2敗目を喫した。17日のカンボジア戦にフル出場した香川真司は、全体練習に合流することなく中2日で先発出場。しかし精彩を欠き、前半のみで退いた。これは先発した試合では今季最短の出場時間での交代とあって、本人のコメントも歯切れが悪い。

「さすがに移動がタフだったので......。練習は今日(試合当日)しました。監督も体調のことを聞いてくれた中で、自分が『できる』と言ったので、責任を持って試合に入った。使ってくれた中で(の結果だった)。でも、これは過ぎたことだし......」

 日本代表の東南アジア遠征直前には、シャルケとのレヴィアダービーで先制点を挙げる活躍を見せ、好調のまま合流したはずだった。だがその試合は日曜日開催。合流が遅れたこともあり、初戦のシンガポール戦は途中出場となった。この時点ですでに厳しい日程の影響が出ていたわけだが、ドルトムントに戻ってからは、今度は代表戦の影響が出たというわけだ。

 しかもこの日はテロを警戒して来場者へのセキュリティチェックが厳重に行なわれ、試合開始も15分遅くなった。スタジアムは独特のムードに包まれた。異例の事態はもちろん両チームに平等に影響したが、香川にとっては厳しさを助長するものだったようだ。

「明らかに試合の入りが難しく、特に前半のこういう雰囲気は初めてに近かったです」

 一方、ハンブルガーの酒井高徳はフル出場。ロイスやオーバメヤンを止めるなど、要所要所で活躍を見せた。先発は2試合目。今季ポジションを奪えずにいた酒井だが、同じ右SBのディークマイヤーが負傷による長期離脱のために転がってきたチャンスだった。

 実戦から長らく離れたこともあって、今回の日本代表には招集されなかった。ザッケローニ監督時代から継続して招集されていただけに、本人はショックだったようだが、このタイミングでクラブでの練習に集中でき、今後も先発が続く可能性が高い。うまく気持ちを切り替えたのだろう。

「代表は自分のせいで手放してしまった感じ。でも、こっちでしっかりやるしか戻る道はないと思っているので全然ネガティブには捉えてないし、ポジティブに試合ができている。それをしっかり続けて、日の丸を背負って試合ができるというのを味わえればいいかなと思います」

 しかもドルトムントに勝利するという大金星を挙げ、自身だけでなくチームの士気も上がっている。タイミングよくポジションを獲得し、流れをつかもうとしている。

 同じことはスコアレスドローに終わった翌日のケルン対マインツでも感じられた。代表に招集されなかった大迫勇也はフル出場。なかなかチャンスに恵まれなかったが、この日は前線で起点となり存在感を見せた。

 一方でマインツの武藤嘉紀は先発したものの68分で交代。彼も先発した中では今季最短の出場時間だった。シュートは1本、警告まで受けた。

「コンディションはそんなに悪くなかったと思いますけど、やっぱり寒暖の差なんかは厳しかったかなと思います」

 難しさを認めながらも、自身の感触は悪くなかったため、交代には納得がいかない様子だ。

「(交代の理由は)分からないですね。今日は納得いかないですけど、監督にはそう見えたってことですし。監督も疲れてると思ったらしく、そういうのを見せちゃけないのかなと思いました。最後まで出ていれば、その分、点に絡む自信はありますし、やっぱりああいう代えられ方をすると自分自身は悔しい。もっともっとチャンスに絡んで、自分が元気だったり、やれるぞというのを見せていかないといけないなと思います」

 選手がクラブと代表の日程の間で苦しむのはいつも変わらない。ただ、欧州でプレーする選手にとって厳しいのは、アジアの気候や移動距離が、欧州の人たちには今ひとつピンと来ていないことだろう。だから、本人が試合出場への意欲を見せれば、素直に信用して使われることになる。

 もちろん選手がもっとタフになることも重要だが、選手自身が移動の厳しさを認識し、チームとコミュニケーションをとっていく必要もあるのではないか。今節を見る限り、そう思わざるを得ない。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko