『螻蛄(疫病神シリーズ)』キービジュアル ©スカパー!

写真拡大

ドラマ『螻蛄(疫病神シリーズ)』が2016年2月19日からBSスカパー!で放送される。

【もっと大きな画像を見る】

『螻蛄(疫病神シリーズ)』は、黒川博行が2009年に発表した『螻蛄』をもとにした連続ドラマ。黒川が1997年から発表している『疫病神』シリーズは、2017年に映画版の公開も控える『直木賞』受賞作『破門』がBSスカパー!で今年ドラマ化されており、『螻蛄(疫病神シリーズ)』はその続編となる。

前作に引き続いてヤクザの桑原役を北村一輝、建設コンサルタントの二宮役を濱田岳が演じる。あらすじは、信者500万人を擁する宗教法人の宝物である絵巻物を巡るスキャンダルに金の匂いを嗅ぎつけた桑原と二宮が、大阪や京都、名古屋、東京を舞台に、腐敗した刑事やヤクザ、画廊の美人経営者といった「悪党」たちを相手に大暴れするというもの。『破門(疫病神シリーズ)』と同じく脚本を酒井雅秋、演出を木村ひさしが手掛ける。

■北村一輝のコメント
桑原という人間は、職業柄ヤクザではあるが、頭がキレ、強く、しつこく、優しく、そして人間クサイ。そんな桑原を演じる上で、大阪出身の自分としては、できる限り生っぽい大阪の空気感を伝えていきたいと思っています。この“疫病神シリーズ”は前作の『破門』、今作の『螻蛄』含めまだまだ素晴らしい話がたくさんある中、今回の『螻蛄』では、東京、京都、名古屋、大阪などでも撮影があるという事で、濱田岳演じる二宮くんと大阪の空気を醸し出す遣り取りを、一層楽しみにしています。

■濱田岳のコメント
お久しぶりです。二宮です。風の噂で聞きました。桑原さんの噂を。嫌な予感がする。会いたくない。身がもたない。あれから、リーゼントを見るたびに膝が笑う。嫌な予感だけよく当たる。僕が死なないよう、少しでも応援してくれたら幸いです。との伝言を預かりましたので、ここに紹介させて頂きました。濱田岳。

■黒川博行のコメント
北村さんの桑原、濱田さんの二宮、すっかり板について『破門』は実にすばらしいドラマでした。女優陣もみなさんおきれいで、実に贅沢な時間をいただきました。制作スタッフもプロぞろいで、小説のリアリティーとディテールをあますことなく映像に再現していただき、原作者冥利に尽きます。うれしい限りです。さらにグレードアップした『螻蛄』を一日も早く観たいです。