写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都・渋谷のパルコミュージアム(渋谷パルコPART 1・3階)では、TVなどでもお馴染みのアーティスト、「蛭子さん」こと蛭子能収の大型個展「新春 えびすリアリズム〜蛭子さんの展覧会〜」を開催する。開催期間は1月1日〜1月18日。開場時間は10:00〜21:00(入場は閉場の30分前まで/最終日は18:00閉場)。入場料は一般500円、学生400円、小学生以下無料。

同展では、不条理でシュールなギャグ漫画をはじめ、独創的な作品を次々と発表する漫画家であり、映画監督や俳優、 タレントとしても才能を発揮する奇才アーティスト・蛭子能収の大規模展覧会。学生時代に制作した作品から初公開の新作まで、蛭子能収の知られざる不条理の世界が年代を追って公開されるという。

また、1月3日 (13:00〜)には「蛭子さん似顔絵サイン会」が開催される。会場内で対象書籍を購入した先着100名に、参加整理券が配布されるということだ。詳しくは、パルコミュージアムのイベントページにて順次公開されるとのこと。

なお、蛭子能収は、1947年、長崎生まれ。上京後、普通のサラリーマン生活を送りながら、1973年に雑誌「ガロ」で入選し漫画家としてデビュー。1980年代以降は、映画監督や俳優、タレントとしても才能を発揮。「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」など数多くのテレビ番組に出演している。

(早川厚志)