中国北京の工場を摘発 期限切れの変質肉を不明の赤い液体に浸していた

ざっくり言うと

  • 19日、中国の捜査当局はフライドチキンの闇工場を調査し、摘発した
  • ポリバケツ入りの不明の赤い液体に、期限切れの変質肉が浸されていたという
  • 捜査当局はその場で闇工場を摘発し、経営用道具を押収した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング