写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ローランドは、ビデオ作品にバイノーラルサウンドを簡単に付加できる、GoPro社製HERO3, 3+, 4カメラ専用の3Dステレオマイクロフォン「WEARPRO Mic」を発表した。価格はオープンプライスで、市場予想価格は税抜1万2,000円。11月下旬発売予定。

同製品では、イヤホンに似た小超小型コンデンサー・マイク・ユニットを撮影者の両耳に挿入し、GoProカメラに接続後に動画の撮影をスタートするだけで、同時に臨場感にあふれたバイノーラルサウンドのレコーディングが行える。アクション撮影やロケ収録の動画作品に音によるリアリティを加えることで、まるでその場にいるかのような感覚を再現することが可能となっている。

また、録音後のサウンドについては、通常のステレオ・ヘッドホンで再生するだけでバイノーラル効果を体感できる。対応カメラは、GoPro社製アクションカメラ、HERO3、HERO3+、HERO4(HERO4 Sessionは非対応)。HEROカメラのMini-USB ジャックに接続し、GoPro本体から電源をとるプラグイン・パワー方式で、専用電池や外部電源は不要。インタビューや音楽収録など、通常のステレオ録音時に便利なクリップ・ホルダーも付属する。なお、同マイクは非防水設計で、イヤホンとしては機能しない。

(内山秀樹)