自作時計を爆弾と勘違いされ拘束された少年 18億円の賠償を要求

ざっくり言うと

  • 米テキサス州の学校で、手製の時計を爆弾と勘違いされ警察に拘束された少年
  • 学校と市を相手取り、約18億円の損害賠償を求める意向を明らかにした
  • 少年の弁護団は60日以内に回答を得られない場合は民事訴訟を起こすと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング