画像
 ショート動画クリエーターに特化したプロダクション「VAZ」を運営するVAZが、サイバーエージェントベンチャーズ等から資金調達を実施。これにより、渋谷に動画制作の場「VAZスタジオ」を開設する。

 SNSで人気のショート動画(30秒以内で撮影される動画)クリエーターを支援するプロダクション「VAZ(バズ)」を運営するVAZ社は、サイバーエージェントベンチャーズおよび、アドウェイズから資金調達を実施した。

 今回の資金調達により、経営基盤の強化を図るとともに、所属クリエーターへのサポート充実を図る。具体的には、「VAZスタジオ」を若者文化の中心地である渋谷に開設。クリエーターがよりクオリティの高い動画を作成するための場を提供する。

 「VAZ」は2015年7月に設立されたプロダクション。現在、52名のクリエーターの専属マネジメントが決定し、ショート動画の主要SNS(Twitter、Mixchannel、Vine)での総フォロワー数は266万人を超えている。今後は所属クリエイターと、10代向けの商品を提供している企業とのタイアップ展開を予定している。

MarkeZine編集部[著]