js

写真拡大

ネットのいろんなことでツイート数が突然表示されなくなっているのに、気づいた人いますか?

ネット上の多くのページに設置されている、Twitterのツイートボタン。すべてではないですが、ニュースサイト等では多くの場合、そこにツイート数の表示がされていました。しかし先日11月21日に、ついにその表示がなくなってしまいました。

ツイート数の情報は、Twitter社から非公式に提供されていたものだったのですが、このデータの提供を中止するという予告がすでにされており、遂にツイート数の情報提供が中止されてしまったのです。

というわけで、ネット上の多くのサイトからツイート数の表示が消えてしまいましたが、なぜかガジェット通信のツイート数表示は復活しています。

●digitiminimi社がつくったcount.jsoonを使えば解決

どうやってツイート数を復活させているかというと、これです。

count.jsoon
http://jsoon.digitiminimi.com/service_usage.html

このサービスを使えば、シンプルな手順でツイート数の表示を復活することができるそうです。このシステムは、ツイート数を提供するサービスAPIの廃止というニュースを知ったdigitiminimi社が同様の情報を提供する仕組みはつくれないかと考えて実現したものだそう。実はこのサービスのバックエンドには、ガジェット通信を運営する「未来検索ブラジル社」の全文検索エンジン「Groonga」が使われています。その関係で、このサービスについて早めに教えてもらえました。

Groonga - カラムストア機能付き全文検索エンジン
http://groonga.org/ja/

この記事の執筆時点で、ガジェ通のツイート数表示は最近の記事から復活中。また、過去記事のツイート数についても順次復帰していく、とのことです。

さらにニュースサイトの公式Twitterアカウントをこちらのシステムと連携設定すれば、高速なデータ復帰が可能とのことで、さきほどガジェ通Twitterアカウントとの連携設定をおこなったところです。

ガジェ通でも、ツイート数の表示はあきらめなくちゃならないかなと思っていたところですが、この超親切なサービスができたことにより、あきらめずに済みました。

あきらめたらそこで試合終了(by 安西先生)

ですよね。まさに。

あきらめずにこれを作ったdigitiminimi社(ディジティミニミ)の人に感謝です。
そしてみなさんもツイート数表示をあきらめずに、このサービスを使って復活をとげてください。

digitiminimi
http://digitiminimi.com/

(ガジェット通信発行人 ふかみん/深水英一郎)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信』