レスターを称賛するモウリーニョ「チャンピオンになれないと言っても侮辱されたとは思わないだろう」

写真拡大

▽チェルシーを率いるジョ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグの首位に立っているレスター・シティに言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が同監督のコメントを伝えている。

▽21日に行われたニューカッスル戦を3-0で制したレスターは、4連勝を飾って首位に浮上。一方、15位に低迷するチェルシーを率いるモウリーニョ監督は、レスターを指揮するクラウディオ・ラニエリ監督がここまで残している成績を称えている。

「彼らが優勝候補かどうかに関わらず、彼らがやっていることを注視すべきだし、驚くべきほど良いプレーを見せていると言える」

「ラニエリが理解されていることを喜んでいる。彼がレスターと契約を結んだとき、彼が最初に解任されると皆が賭けただろう。しかし、彼はリーグのトップにいる」

「彼らがチャンピオンになれないと考えていると言ったとしても、ラニエリとレスターの選手が私に侮辱されたとは思わないだろう。彼らがコメントを受け入れ、より称賛されたと感じるはずだ。彼らのパフォーマンスは尊重に値する」

▽また、10試合連続ゴールを奪い、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏のプレミアリーグ記録に並んだイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディについても、称賛の言葉を送った。

「私はその選手を分析したくない。私の言葉が使われ、異なる見解もあり、私が彼を手に入れたいかどうかが伝えられるからだ。要点は、ファン・ニステルローイがプレミアリーグで歴史的なことをやったようにスーパーなストライカーということだ。実際に、ヴァーディはそれに並び、歴史に残るチャンスがある。彼がしていることは注目に値するよ」