明石家さんま

写真拡大

22日放送の「誰も知らない明石家さんまの真実を暴く!史上最大のさんま早押しトーク」(日本テレビ系)で明石家さんまが、過去に「NHK紅白歌合戦」を辞退した際の理由を明かした。

番組では「明石家さんまが初めてやった事 5連発」と題した、オープニングコーナーの中で、「初めて『紅白歌合戦』出場を断った芸人」はさんまだったと明かした。

VTRではかつて、さんまが芸人としてだけでなく、歌手としてアイドルばりに大人気だった頃を振り返り、さんまが「いくつもの夜を超えて」を熱唱する姿も映し出されていた。

当時のさんまは、若い女性ファンに強く支持されていただけでなく、歌う曲も、桑田佳祐や松山千春、さらに玉置浩二や甲斐よしひろ、高見沢俊彦といった、大物ミュージシャンが楽曲提供者として名を連ねていた。

そんな当時のさんまに、「NHK紅白歌合戦」からも出場オファーがあったという。しかし、当時のさんまは「オレが出るくらいやったら、紅白を一生懸命目指してる歌手のかたを、出してあげてください」と、カッコよく断ったのだそうだ。

この、歯の浮くような物言いの再現VTRには、スタジオのさんまも、ワイプ越しに大ウケしていた。

【関連記事】
明石家さんまが30年大切にした千円札のラブレター 書いた女性と初対面
明石家さんまが局スタッフを女性問題で激怒させていた あわや番組降板の危機
明石家さんま 父親の葬儀で起きた大爆笑を語る「親父怒ってると思うわ」