竹田圭吾氏

写真拡大

22日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)でジャーナリストの竹田圭吾氏が、フランスの同時多発テロ以降、Facebookで広まるトリコロールカラーのアイコンについて持論を展開する一幕があった。

番組終盤「ぶっちゃけ部屋」のコーナーで、パリ同時多発テロの犠牲者への哀悼の意を示す目的で、Facebookのプロフィール写真をフランス国旗のトリコロールカラーにする人が増えている現象について、司会の宮根誠司氏が竹田氏に意見を求めた。

竹田氏はまず「どっちかというと、あまり良くないと思いますね」と、否定的な考えを表明したうえで、「例えば、シリアやイラクで、毎月のようにテロのような爆撃とかあって。亡くなった人たちに、同じように(アイコンを)国旗にするのかといえば違いますよね」と、偏った思想であることを指摘した。

続けて、竹田氏「もうひとつは、世界中が連帯して、フランスのときだけ(SNSでの運動を)やるっていうようになると『パリみたいなところを狙うと効果があるんだ』っていうことを、テロリストに伝えちゃうっていうのもあると思うんですよ」と分析をした。

そして、トリコロールカラーのアイコンが「 自分たちは『こっち側(「イスラム国」のテロ
に徹底的に敵対する立場)』にいるんだっていうことを示しちゃうんですよね」と、自らの立場を主張するように見えてしまうことを危険視した。

宮根氏が「なるほど。逆に危険でもあるっていうこと…」「賛否両論ありますけど、ひとつの連帯の証明というのは、こういうことしかできないかもしれないですよね」と語ると、竹田氏も「まぁねぇ…」と渋い表情を浮かべていた。

【関連記事】
堀江貴文氏がフランス同時多発テロ犯を嘲笑か「レベル低」
マツコ・デラックス パリ同時多発テロを受けて安保関連法案の審議不足を危惧
宮根誠司氏の議題とズレた唐突な質問に竹田圭吾氏が困惑