決勝戦はあわやの大逆転でponanzaが優勝、惜しくも2位はnozomi。第3回電王トーナメント結果

写真拡大

「ponanzaの牙城を崩すのはどのソフトか」。それほど前評判の高かった第1回電王のponanza。ところが決勝では、nozomiにまさかの展開で追い込まれたが、冷静沈着な評価をするponanzaの強さが終盤発揮し、2勝1敗で勝利。第3回電王の称号と賞金300万円を手に入れた。

まずは準決勝の2局と5位決定トーナメントの2局が行なわれました。

今回から準決勝、決勝、3位決定戦は3番勝負となり、通常の将棋だったら、1局1局進めてき、2勝したら勝ちとなりますが、コンピューター将棋では同時に3局戦って2勝したほうが勝ちになります。3台のマシンで動かして対局するわけですが、意外と同じ局面にはなりませんでした。

プロ棋士と戦う電王戦のとき、同じ指し手にならないようランダム性をもたせるという話をよく聞きますが、コンピューター同士でも序盤からしっかり分岐するようになっているようです。

ただ、指し手の傾向はあるようで、最近のponanzaは横歩取りが多いとのこと。山本一成さんいわく「改良していくと個性が変わることがある」というように、強くなるたびによい戦法が変わっていっているようです。

準決勝のponanza vs 大樹の枝は、ponanzaが2局先手番となりました。序盤を進めていたところ、対局1で大樹の枝が止まってしまうトラブルが発生。復旧作業が許され10分のロス(持ち時間から引かれる時間。サーバー側の不手際もあり実際に止まっている時間よりは短くすんだ)で対局が再開しました。ところが、対局2でも同様に大樹の枝が止まってしまい、こちらは22分のロスで対局が再開されました。開発者の平岡拓也さんはソフト的な問題で原因はわからないと話していました。

↑トラブルで復旧作業をする大樹の枝の平岡拓也さん。

トラブルなく進んでいた対局3は、ponanza有利で進んでいき107手でponanzaが勝利。また対局1は、中盤まで五分で進行していましたが、そこから一気にponanzaへ傾き、そのまま指し切られてしまいました。この時点でponanzaが決勝進出をきめました。

残った対局2は、せめて大樹の枝が土を付けたいところ。対局1と同様、中盤まで互角でどちらも評価値的には有利と判断していました。ところが88手目の△5七銀に対し▲同銀と大樹の枝が指したときに、一気にponanzaの評価値がマイナスに。

この動きに両開発者は一喜一憂していましたが、そこはponanza。ここから挽回し、大樹の枝が中段まで玉が出て行く展開になりましたが、最後はponanzaが170手までで勝利しました。ここまでponanzaは、この大会負けていません。

もう1つの準決勝、nozomi vs 超やねうら王の戦いは、対局3が序盤からやねうら王が有利で進み、127手が快勝。対局2は逆に、nozomiが序盤から差を広げていき147手でnozomiが勝利しました。

↑超やねうら王のマシンのタスクマネージャーには、CPU使用率は常に約50%ほど。全開というわけではないようだ。

残る対局1の行方では勝敗が決る展開になりましたが、中盤までねじり合いの戦いで互角だったのですが、終盤で一気にnozomiに傾き、そのまま勝利。中盤までは超やねうら王有利かとも思われていただけに、残念な結果となってしまいました。

これで、決勝はponanza vs nozomiという対決となりました。

一方、5位決定戦のほうでは、ひまわり vs 大将軍は、ひまわりが入玉に向かおうとしたところ、大将軍がそれを阻止し115手までで大将軍が勝利。tanuki- vs 技巧の戦いは、序盤で飛車角交換する展開でしたが、技巧が一歩有利となり、そのまま覆ることなく121手までで技巧が勝利しました。これで、5位決定戦は大将軍 vs 技巧の戦いとなりました。

決勝と3位決定戦、5位決定戦は、15時半にスタート。まず決勝のponanza vs nozomiは、振り駒の結果nozomiが2局先手となりました。