中高年の悩みといえば、その一つが「加齢臭」だ。そして、近年の研究により「加齢臭」と「ED」が、密接な関係にあることも分かってきた。
 医学博士の志賀貢氏がこう言う。
 「簡単に説明すると、加齢臭は体内の『酸化ストレス』が増えるほど、臭いがきつくなります。さらに酸化ストレスの増量によって、血管内皮細胞の生成も妨げられます。すると、血流が悪くなり、勃起不全を起こしやすくなるのです」

 加齢臭が漂い始めるのは、EDの前兆でもあるのだ。
 「もちろん、加齢臭が出る原因やEDになる理由は他にもたくさんあるので、一概には言えないのですが、決して無関係ではないのです」

 恐ろしい話である。ただでさえ女性に嫌われる加齢臭プンプンで、なおかつイチモツも役立たずとなれば、男として終わりである。
 だが、ご安心あれ。
 「密接な関係であるだけに、加齢臭を防ぐ方法がED解消にもつながるといえるのです。オヤジ臭さを消して、アッチも元気。そんな大人の男になれば、逆にモテモテですよ(笑)」

 おおっ、さっそくその方法を伝授してもらおう。まず、加齢臭の原因となる酸化ストレスの増量を防ぐことが先決だ。
 「臭いを防ぐだけなら、香水を使ったり、防臭シャツを着たり、方法はいくらでもあります。また、最近は加齢臭防止用のせっけんも売られているので、使ってみるのも一つの手です」

 だが、根本的に加齢臭を改善する方法ではないため、これらはED解消とも関係がない。根本的な改善を目指して取り組みたいのが、食事の内容だ。
 「海藻類を多めに摂るのです。海藻には加齢臭の原因となる、ノネナールの発生を抑制する効果があると言われています」

 そんな海藻類は、勃起力を高める食材でもあるという。
 「海藻にはアルギニンも豊富に含まれています。これは精子を作る材料でもあり、ホルモンの分泌を促進してくれるのです」
 大量に食べる必要はないので、1日の食事の中で一度は食べるようにしよう。

 また、緑黄色野菜もノネナールの発生を抑制する効果があり、
 「緑黄色野菜の色素はカロチノイドと呼ばれる栄養素で、これが勃起力を高めるために役立つんです」
 と、ED解消にもつながる。やはり日頃から摂取しておきたいものだ。お酒では赤ワインがオススメ。
 「赤ワインに含まれている、ポリフェノールと呼ばれる抗酸化物質が重要です。ポリフェノールは体内で、活性酸素の働きを抑えてくれます。それによって代謝を高め、血液の循環を促してくれるので、勃起力もアップするのです」

 それだけではない。加齢臭の原因となる酸化ストレスは、活性酸素によって増量するという。
 「赤ワインを飲んで活性酸素を抑制することで、酸化ストレスの増量も抑えられるのです」

 海藻類と緑黄色野菜、そして赤ワイン。この3点が加齢臭&ED防止に効果的なことが判明した。
 食べて飲むだけなら簡単だ。さあ、臭くないオヤジとなって、元気に女性を口説きまくろう!

志賀貢
医学博士。内科医として診療する傍ら、260作以上の小説やエッセイを執筆。また、性感研究の第一人者で『かなりHな夜の教科書』(河出書房新社)など、医学的見地に基づいたセックス&口説き術にまつわる著書も多数ある。