雨の日に買い物に行くのはイヤ、重たい荷物を持ちたくない、いろいろ値段を見比べたい…そんな願いが叶うのが、ネットショッピング。スーパーの商品を自宅に届けてくれるネットスーパーや、楽天やAmazonなどを利用する人が急増し続けている。

 そこでも得する方法はたくさんある。たとえば、ネットで電化製品を買うときに利用したいのがインターネットサイト「価格.com」。このサイトを見れば、お目当ての製品がどの店舗でいくらで売られているか、つまり価格比較ができるだけでなく、販売店の評価や商品の口コミもチェックできる。

“商品を見ずに買うのはちょっと…”とためらうなら、実店舗で商品を確認してからネットで安く買えば確実だ。さらに一手間加えた“得技”をファイナンシャルプランナーで消費生活アドバイザーの丸山晴美さんが紹介してくれた。

「まず、金券ショップでビックカメラの商品券を買います。ビックカメラではVISAやJCBなどの商品券を利用するとポイントが8%になってしまうけど、ビックカメラの商品券ならポイント還元率は10%です。

 そして私の場合は、価格.comで調べた最安値を見せて価格交渉。そうすれば、店員さんも“勉強”してくれる。金券を安く手に入れて、ポイントは10%ついて、価格は最安値、手間はかかるけどお得です」

※女性セブン2015年12月3日号