水樹奈々、今年の革命はガラケーからスマホに変えたこと!

写真拡大

アメリカを中心に世界中で大ヒットしてきた『ハンガー・ゲーム』シリーズの完結編となる『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』。この映画の公開を記念して、日本語吹替版で声優をつとめた水樹奈々、神谷浩史、前野智昭の3人が登壇する舞台挨拶が11月21日にTOHOシネマズ スカラ座で行われた。

水樹奈々が『ハンガー・ゲーム』でハリウッド映画の主人公の吹き替えに初挑戦!

ジェニファー・ローレンス演じるカットニス役の声を演じてきた水樹は「連休の初日に、たくさんの映画の中から『ハンガー・ゲーム』を選んでいただき、ありがとうございます!」と挨拶。いよいよシリーズ完結を迎えることに対して「カットニスの気持ちがわかるように原作を読まないで台本を見たんですが、台本を見て驚きました! 完結編にふさわしい目の離せない展開と衝撃の結末が待っていますよ」とコメント。

ジョシュ・ハッチャーソンが演じたピータ役の声担当の神谷も「前作では囚われの立場だったせいで“ピータ姫”なんて呼ばれていましたが、今回は大活躍するはずですよ!」とピータの活躍を匂わせると、サム・クラフリン扮するフィニック役の吹き替えを担当した前野は「『フィニックはすごい活躍しますよ』と言われていて、すごく気になっていました。実際にとてもインパクトのある活躍なので、楽しみにしていてください。みなさんの期待をいい意味で裏切ってくれると思います」と続けた。

また、わずかな富裕層のみが住む都市キャピトルと、彼らに支配されてきた12地区との全面戦争と革命が描かれる本作にちなんで、自身が今年起こした革命について尋ねる質問が。これに水樹は「ガラケーからスマホに変えたこと」とまさかの回答。「意地になってガラケーを使っていたけれど、スマホを使ってみたら本当に便利ですね(笑)。画像もキレイだし、データも読んだり聞けたりできる!」と様々な機能に感動したことを明かすと、前野から「うちの母親と同じこと言ってる」と突っ込まれていた。

さらに、この日は、シリーズを通して重要キャラクターの1人、ゲイルを演じてきた中村悠一からの手紙が到着。「本当は僕もこの場所に顔を出し、シリーズの完結を見守りたかったのですが、作中の“とある事情”によって参加が困難になってしまいました。劇場のみなさんにはエンドロールまでしっかりご覧になっていただき、なぜ僕が姿を現さなかったのかを察していただければと思います」との内容に、会場はどよめきにつつまれた。前野は「ゲイルはとても重要なキャラクターなので、彼の行く末を見届けてほしいです」とコメントしていた。

『ハンガー・ゲーム2』で吹替続投の水樹奈々らがコメント。前野智昭も新たに参加!
水樹奈々の見事な刀裁きに監督「死ぬなら水樹さんに斬られたい」と惚れ惚れ
『ハンガー・ゲーム』シリーズの主役3人がハリウッドの殿堂入り!
[動画]映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』特別動画「姉妹の絆編」