Doctors Me(ドクターズミー)- 突然の食あたり…病院へ行かず、自分でできる対処法はある?

写真拡大

食あたりの症状は、突然やってきます! そして下痢や嘔吐で動けないのに付き添いの人もいない場合など、すぐに病院に向かうのは難しいときもあります。そんなとき、安静にする以外、どのように対処すればいいのでしょうか?

今回は、食あたりの症状が出たとき、自分でできる対処法は何なのか、医師に詳しい話を聞いてきました!

食あたりの症状

食あたりの原因は細菌やウイルス、まれにキノコやふぐ等の毒が含まれている食べ物によります。原因となる食べ物を取ってから、数時間から数日で

・下痢
・嘔吐
・腹痛
・発熱

などの症状を起こします。

原因となる食べ物を取ってから症状が起こるまでの時間は原因となるものや、摂取量、体調によって異なります。

食あたりに、自分でできる対処方法

1. 水分の摂取
小児や高齢者でなく、心臓や腎臓等に持病がなく、症状が軽度であれば、下痢や嘔吐による脱水を起こさないように水分を摂取することが大切です。下痢や嘔吐によって水分以外にナトリウムやカリウム等の身体の中の電解質バランスが崩れますので、水分の摂取は単に水を飲むよりはスポーツドリンクを飲むことの方が有効です。

2. 飲み薬と食事
・整腸剤
市販の整腸剤を飲んで、食事はうどんやお粥等のなるべく消化に良いものをとるようにして下さい。下痢はある意味では異物を体外に出す生理的な反応ですので、整腸剤以外の下痢を積極的に止める薬は飲まないようにして下さい。

・胃腸薬
嘔吐や腹痛に対する薬は残念ながら市販されていませんので、効果は不十分かもしれませんが市販の胃腸薬で代用するしかありません。

・解熱剤
発熱に対しては解熱剤を服用しても構いませんが、胃腸を荒らさない薬を選ぶようにして下さい。

病院に行く?行かない?

原因がウイルスによる場合は3〜4日で症状は良くなります。細菌が原因の場合はO-157等の細菌以外で、摂取量が少なく体調が悪くなければ1週間程度で良くなることが多いです。

【病院の受診が必要な場合】
1. 症状

・症状が長引く
・下痢や嘔吐がひどい
・耐えられないような腹痛がある
・高熱が出る場
・便に血が混じる

こんな場合は市販薬では症状は良くなりませんし、原因を調べる必要がありますので、病院を受診して血液検査、便の培養検査等の必要な検査を受けましょう。

2. 集団で食あたりした可能性がある場合
また同じような症状の人が周囲にいる場合は集団で食あたりが起こった可能性がありますので、この場合も病院を受診して検査を受けた方が良いです。

3. 抵抗力が弱い人
小児や高齢者、心臓や腎臓に持病がある人は健常人よりも症状が長引いたり、症状によって持病が悪化することがありますので、早めに病院を受診して下さい。

4. 特定の職業の場合

・飲食関係の仕事
・保育士など幼児に接する仕事
・介護・医療の仕事

これらに従事している場合は、食あたりを起こした時点で仕事を休む必要が生じることがあります。可能な限り原因を特定する必要がありますので、病院を受診して便の培養検査等の必要な検査を受けるようにして下さい。

【病院に行かない場合】
健常人であれば市販薬を飲んで水分を十分にとれば、病院に行かなくてもいいことが多いですが、周囲の人にうつさないよう注意する必要があります。以下については、必ず実行してください。

・手洗いを励行
・トイレやタオル等を共用しない

医師からのアドバイス

細菌によって起こる食あたりの中には、症状が治っても細菌が身体の中に居座っている場合があります。このようになると、細菌を持っている人には何の症状を起こさなくても、周囲の人にうつす可能性があり、抗生剤を服用し細菌が体内から消えたことを確認する必要があります。原因がわからない場合は、症状が治まっても病院に行ったほうがいいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)