すみだがプレーオフ出場権を獲得!! 府中、北海道、大分が同勝ち点で並ぶ!!《ゼビオFリーグ》

写真拡大

▽22日に 小田原アリーナでSuper Sports XEBIO Fリーグ2015/2016第31節・小田原セントラルが開催された。第1試合の府中vs仙台は4-1で府中が勝利した。第2試合のすみだvs湘南は5-1ですみだが勝利、第3試合の浦安vs町田は7-2で町田が勝利した。

◆府中vs仙台

▽小田原セントラル2日目第1試合は、2分に山田ラファエルユウゴのゴールで府中が先制する。その後も加点する府中は23分までに3-0と大きくリードした。一方の仙台は27分に藤山が一矢報いるも32分に山田がこの日2点目を奪って試合は終了。勝利した府中が勝ち点を51に乗せて北海道、大分と並んだ。

◆すみだvs湘南

▽小田原セントラル2日目第2試合は、5分に岡村のゴールで湘南が先制する。しかし、ここからすみだの高速カウンターが炸裂。7分に稲葉のゴールで同点とすると、後半も4ゴールを奪って5-1と逆転勝利を飾った。勝利したすみだはプレーオフ出場権を獲得している。

◆浦安vs町田

▽小田原セントラル最終戦は、浦安と町田の関東ダービーとなった。試合序盤こそ浦安がペースを握るが、徐々に町田が攻勢を強めると、前半に2ゴールを奪った。後半も効果的に加点する町田に対して、浦安はパワープレーから得点を目指す。しかし、逆にパワープレー返しを浴びて、試合は7-2の大差で終了。勝利した町田はリーグ2位を決めた。

◆ゼビオFリーグ順位表

(勝ち点/得失点)

1.名古屋 80/67 ◎

2.町田 66/38 ◎

3.大阪 59/37 ◎

4.すみだ 59/29 ◎

5.府中 51/23

――――PO出場――――

6.北海道 51/10

7.大分 51/4

8.浦安 46/7

9.湘南 28/-39

10.神戸 25/-31

11.浜松 13/-71

12.仙台 11/-74

◎はプレーオフ出場権獲得チーム