Facebookのザッカーバーグは、2カ月間の育児休暇を取る

写真拡大

「ぼくは、生まれてくる長女のために2カ月の休暇をとることにした」。フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグは先日、自身のFacebookページで発表した。

「Facebookのザッカーバーグは、2カ月間の育児休暇を取る」の写真・リンク付きの記事はこちら

マーク・ザッカーバーグは昨日、自身の長女誕生の際に、2カ月の休暇を取ることを発表した。

「プリシラとぼくは、来る娘のための準備を始めたよ」。彼はそう言って、自らのFacebookページへのポストで、妻であるプリシラ・チャンにも言及した。

「ぼくたちはまた、娘との最初の数カ月間を、どう休暇を取るかについて考えてきた。これはとても個人的な決定だけど、娘が生まれるとき、ぼくは2カ月の育児休暇を取ることに決めた」

このニュースはもちろん、ザッカーバーグと彼の家族にとって素晴らしいものだ。しかし、これはわたしたち残された者にとっても重要なことだ。

ザッカーバーグはおそらく、子どもの誕生に合わせてこれだけの休暇を取ることになる最も著名なテック企業のCEOだ。そしてこれが大変重要なことだというのは、ことワークバランスについていえば、幹部社員たちが企業の(そして、ある意味で国の)気運をつくるからだ。

他にも数社のテック企業のように、フェイスブックは米国の基準からするとかなり太っ腹の育児休暇プランを新たな親になる社員に提供している。フェイスブックに務める親たちは4カ月の有給休暇を取ることができるし、子ども1人につき4,000ドルをもらえるような福利厚生を受けることになる。

関連記事Amazonの新しい育児休暇制度は「優れたPR活動」?

しかしながら、もし企業そのものに休暇を取ることを奨励する雰囲気がなければ、社員はこうしたプランによる利益を進んで得ようとしないものだ。そして概して企業の気風とは、トップから来るものである。

「物事が少しずつ、日に日に現実的になってきている。ぼくたちの人生の次のステージが始まるのを楽しみにしています」と、ザッカーバーグは書いている。もっと多くの企業が、新しく親になる人たちにより多くの休暇を提供するのを、そして、世の父親たちがザッカーバーグのリードに続けるよう祈ろう。

関連記事メールも上司もいらない!? 未来の企業のための新ルール15

TAG

FacebookFatherMark ZuckerbergWIRED USWorkLifeBalance