写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都・渋谷のBunkamura Box Galleryは、暖かみ溢れる色使いでクラフト作品を制作する作家5名の合同展「IRO ASOBI 展」を開催する。会期は12月12日〜12月23日。開場時間は10:00〜19:30(12月23日は18:00まで)。入場無料。

同展は、クラフト作品を制作する作家5名が、それぞれ異なる素材を使ったクラフト作品を展示するもの。参加作家は、色彩豊かなタイルを自在に操りモザイク作品を創り上げる中村ジュンコ、その中村ジュンコとコラボレーションし、写真というフィルターを通しクラフト作品の魅力を伝えるフォトグラファーの平林裕一、一枚の紙に切る・縫う・染めるという技法を施し、繊細な曲線や色の重なりを生み出す切り紙作家の矢口加奈子、伝統有る七宝をモダンアートとして現代に広め、独特でありながらもどこか懐かしい色彩をアクセサリーに宿す長谷川淑子、糸や布などから色を集め、心地良くファッション性の高い小物を紡ぎ出すニードル作家の岩切エミの5名。各作家の、歴史や経験に裏付けされた確固たる作品創りは、クラフト作品の概念を良い意味で覆す一点物のアート作品に仕上がっているということだ。

(シマダマヨ)