いろいろなダイエット法が溢れていますが、ほとんどのダイエット法で推奨されているのは「夜間に食事をしない」「胃を休ませて脂肪を燃焼する時間を作る」という2点。そのシンプルなダイエット法を徹底して実行するのが話題の「8時間ダイエット」です。ここでは8時間ダイエットの方法とその効果についてご紹介します。

24時間のうち8時間は食べてもOKな時間

8時間ダイエットは、一日の中で食べても良い時間を8時間以内に設定する必要があります。それ以外の時間は食事や間食をせずに水分を摂って過ごしましょう。8時間を設定するにあたり、終了時間が夜の9時以前であれば好きな時間で構いません。朝ごはんをしっかり食べたい人なら7時スタートで15時以降には食事をしないようにします。朝はゆっくりしたい人ならば12時スタートで20時以降には食事をしないようにします。決めた8時間以外は食事をしない時間とすることで、その時間が脂肪燃焼にあてるのです。

無意識のうちにダラダラ食べている現代人

太っている人ほど常に食べ物がそばにあって、一日中何かを食べているもの。そんなライフスタイルを変えるために8時間ダイエットはアメリカで生まれました。話題のダイエット法ではありますが、病院などでも提唱される基本的な食習慣でもあります。規則正しい睡眠時間をとるのが体に良いように、食事の時間も規則正しくすることで健康的にダイエットできるのです。実際にやってみた人や成功した人は「自分がいかに無意識に食べていたか気づいた」と話しています。やはり「食べない時間」が想像よりも長く感じるそう。そのぶん、食べられる8時間以内の食事をいつも以上に大切にするという効果もあるようです。

なんと翌日お腹がぺたんこに!

ダラダラ食べることが習慣になっている人は、睡眠中でも胃や腸に食事が溜まっていて働きが悪くなったり便秘になりがちです。8時間ダイエットを試してみた人の多くが、翌日か数日の間にお腹がぺたんこになる経験をするそう。夜間に食事をとらないことで胃腸の働きが規則正しくなり、お通じが良くなるのだそう。週に3日以上実践すれば、毎日でなくても相当の効果があるとのこと。週3日なら続けられるのでは? 冬太りになる前に、8時間ダイエットで規則正しい食事時間を決めてみたら良いかも。


writer:しゃけごはん