能力のあるリーダーとは、効果的なコミュニケーションスキルを持っている人ということです。そして、退役した元陸軍中将が教えてくれる以下のヒントが、よりあなたのコミュニケーションを強固にすることでしょう。

以前、軍隊から学べるいろいろなヒントを特集しましたが、彼らから学べることはまだまだたくさんあります。

強いリーダーになるためには、コミュニケーションは常に3つのプロセスから成る、「ブリーフィング(指令・説明)」の形にするべきなのだそうです。あなたが命令し、周りの人間が命令を復唱したら、それがきちんと理解されているのか確かめましょう。

退役した元陸軍中将であるFrank Kearney氏は次のように話しています。

現代では、コミュニケーションの多くが一方通行です。メールは典型的な例でしょう。メールを送った相手が、こちらの意図を理解してくれたと勝手に思い込んでしまいがちです。しかし、メールを送ったからといって、相手が読んでくれているとは限らないですし、まして理解しているかどうかはもっとわかりません。

この3つのプロセスから成る方法を使えば、コミュニケーションが速く確実になるでしょう。

コミュケーションでの小さな行き違いが重なると、致命的な事故につながる可能性があります。そのため、仕事の大きさにかかわらず、できるだけ連絡は明確にしたほうが良いでしょう。あなたの仕事内容が人間の命に関わるようなことはあまりないかもしれませんが、だからといって、軍のリーダーが使う実証的な方法を使ってはいけない、ということではありません。Kearney氏は、「リーダーシップとは計画的に積み重ねて作っていくもので、偶然チームを成功へ導く、ということではないのです」と述べています。


Patrick Allan(原文/訳:コニャック)