<RSMクラシック 3日目◇21日◇シー・アイランド・リゾート(7,005ヤード・パー70)>
 日本勢で唯一、岩田寛が出場している米国男子ツアー『RSMクラシック』。2日目を終えトータル8アンダー・5位タイと上位につけていた岩田だが、3日目は“72”の2オーバーとスコアを伸ばせず、34位タイに後退した。
 序盤の3番からの3連続ボギーで一気に上位争いから脱落すると7番でこの日初バーディを奪うも、後半12番、14番でもスコアを落とし、トータル4アンダーまで転落。だがその後15番、17番で2つ取り返すなど意地を見せ、トータル6アンダーでホールアウトした。
 首位は“64”で一気に差を広げトータル16アンダーまで伸ばしたケビン・キスナー(米国)。3打差で前日首位のケビン・チャペル(米国)、4打差に先週勝利を挙げているグレアム・マクドウェル(北アイルランド)が浮上している。
【3日目の順位】
1位:ケビン・キスナー(-16)
2位:ケビン・チャペル(-13)
3位:グレアム・マクドウェル(-12)
4位:アレックス・チェイカ(-11)
5位T:ジェフ・オバートン (-10)
5位T:ジム・ハーマン(-10)
7位T:ジェイソン・ダフナー(-9)ら5選手
-------------------------------
34位T:岩田寛(-6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【海外男子】RSMクラシック リーダーボード
遼、フェニックス攻略法はつかめず…08年の2位も「まぐれ」と自虐
松山英樹、値千金のイーグル締め!連覇は「どれだけ差があっても諦めない」
宮里優作、猛チャージで首位に!明日は後輩たちの“壁”になる
今平周吾、特訓の成果が出た!“先生”の前でナイスラウンド