風邪にかかったときにすると良いといわれていることの中に、実際にはあまり効果がないことがあります。たとえば「汗を出して熱を下げるために布団を何枚も使って体温を上げる」のは間違い、ということが解明されています。他にも間違って認識している風邪の治し方があるので、最新の風邪の治し方を頭に入れておきましょう。

布団を何枚もかけるのがよくない理由

風邪の引き始め、それから悪寒がする時や高熱が出たときには、体が冷えているので布団や毛布をかけたり、カイロや湯たんぽで体を温めたりする必要があります。しかし、熱が下がりはじめている時や解熱剤を飲んで汗をかいている時は、洋服を何枚も着たり、布団を何枚も重ねたりしていては、熱がなかなか下がりません。むしろ熱が体内にこもってしまいます。できるだけ薄着になり、汗をかいたらこまめに水分補給をして着衣を取り替えるようにしましょう。

アイスノンを使っても熱は下がらない?

熱が高いとアイスノンをおでこに当てて熱を下げようとしがちです。でも、熱は思ったよりも下がりません。氷枕も後頭部に当てるだけでは効果があらわれないことがわかっています。一番効果的なのは、脇の下や首の周りなどを同時に冷やすこと。このエリアにリンパが集中しているからです。

また、37〜37.5度以下の熱で体が元気なら入浴しても問題はないことがわかっています。風邪の引き始めであれば、入浴でのどが潤い、リラックス作用や安眠作用で風邪の悪化予防につながるかもしれません。

食事を食べて栄養は取ったほうがよい?

風邪のときには体力を消耗するので、栄養を取ったほうがよいといわれていましたが、実はこれも間違いだそう。風邪をひくとウイルスの影響で、胃腸のはたらきが低下して栄養も吸収しづらくなります。食事も無理に食べるよりも水分をこまめに取って、何よりも眠ることが大切です。薬のために何か胃に入れておこうと考えるのであれば、やはりおかゆや果物など、消化吸収がスムーズな胃に優しいものを選びましょう。


writer:松尾真佐代