北の湖理事長が多臓器不全のため死去 昭和の大横綱の「壮絶な最期」

  • 日本相撲協会の北の湖理事長が20日、福岡市内の病院で死去した
  • 亡くなる直前、周囲からは病院で療養することを勧められていたという
  • しかし理事長は拒否、協会のトップとして土俵を見届けることを選んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング