PS4向け「PS2エミュレーター」を開発中:ソニーが明らかに

写真拡大

ソニーは、PS4(PlayStation4)向けの「PS2エミュレーター」の開発を明らかにした。しかしその詳細については、まだ明言を避けている。

「PS4向け「PS2エミュレーター」を開発中:ソニーが明らかに」の写真・リンク付きの記事はこちら

ソニー曰く、「わたしたちは、PlayStation 2のゲームを現行世代の機種に提供するため、PS2エミュレーションの開発に取り組んでいる。現時点では、これ以上のことは言えない」。これが、担当者から『WIRED』US版に送られたメールの内容だ。

そしてその対応する最初のPlayStation2(PS2)のゲームは、すでに明らかになっているように思える。というのも、現在発売されているPlayStation4(PS4)本体と「スター・ウォーズ バトルフロント」とのセットに、ボーナスゲームとしてクラシックタイトル「Super Star Wars」(のバウチャー)が同梱されているからだ。

『Digital Foundry』によると、『Eurogamer』が報じた通り、同梱された3つのクラシックタイトルは、元々のコードをPS4に「単に移植」したわけではなく、独自のエミュレーションソフトウェアで動作していることを示す証拠がいくつかある。

PS4は後方互換を一切サポートしないかたちでリリースされた唯一のソニーのゲーム機だが、少なくとも昨年来、PS4のPS2互換ソリューションが模索されてきていることは報道が示しているところだ。

PS2は、ソニーで特に人気の高いゲームプラットフォームの1つで、全世界で何千ものゲームがリリースされている。そのなかには例えば、初代「ゴッド・オブ・ウォー」「グランツーリスモ 3」「ファイナルファンタジーX」などの多くのクラシックゲームがある。もしこうしたゲームがPS4のエミュレーターで動作できるならば、PS4の品揃えは相当拡充されることになる。

先行予約のボーナスとしてこっそりリリースされた「スター・ウォーズ」のゲームについて、特に大々的に発表されたわけではない。クラシックゲームのリリースがファンを大いに喜ばせることは、2014年にPlayStation3向けにリリースされた『ビブリボン』を見れば分かる。

重要なのは、「スター・ウォーズ」以外において、このエミュレーションが機能するか、だ。単なるボーナス機能限定となるのか。新たにPlayStationデジタルストアから購入する必要があるのか、それともPS2のディスクをPS4に挿入してそのままプレイできるのか。ソニーは上述の通り、その詳述を避けている。

TAG

GamePlaystationSonyWIRED US