彼が“やる気”をなくしてしまわないよう、気を付けるべきこと

写真拡大

ふたりで盛り上がっていたはずなのに、付き合っていくうちに彼がセックスにやる気をなくしている!? そんな展開を避けるためにも、“男性のやる気を失わせてしまうシュチュエーション”を知っておきたいもの。

「男性は、自分のペースを崩されるとやる気を失う傾向が強いようです」と、幸せなラブライフのあり方を提唱するOLIVIAさんはアドバイスする。

「彼が“今日はこうやって攻めよう”とあれこれ考えていたのに、いきなり彼女からグイグイ責められて…というのもありがちなケースです。“今日のセックスはこうしたい”という希望があっても、ひとまず彼のペースに合わせることが大切です」(同)

それではずっと控えめに、彼にあわせていなくちゃいけないの? なんて思うかもしれないけれど、いったんやる気に火がつけば、細かいことは気にならなくなるのが男性の特徴なんだとか。

「こちらのやりたいことは、彼の興奮度が確実に高まった後に伝えるのがポイントです」(同)

また、男女ともにいえることですが、“今したい”という気持ちが高まったとき、スムーズにセックスを始められるということも、ふたりのテンションを下げないために必要なことだそう

「ご飯を食べたりお酒を飲んだりしてリラックスしてから、落ち着いた空間でセックスする。彼がデートプランを事前にしっかり立てるタイプなら、その“動線”を遮らないために、どこで何をする予定なのか、さりげなく聞いておいたほうがいいですね」(同)

さらに、カップルの間で“今日はしたい”という気持ちに温度差があるとやる気が激減してしまうので、コミュニケーションをしっかりとってデートの最中から“今日はセックスするかどうか”とさりげなく確認できると理想的。

「いざとなったら彼のコンディションが悪く、体が思うように動かないというアクシデントもありますが、それは仕方のないことなので“男性にはよくあることだから、気にしないで”とフォローを。女性も生理がありますから、今日はできないという状況の日ははやめにそれを伝え、彼の期待が空振りしてしまわないように気を付けましょう」(同)

彼がやる気をなくしてしまうようなうっかり行動を減らせば、ふたりの幸せな時間が確実に増えるはず!

OLIVIA
ラブライフアドバイザー。2003年より、「触れ合うことの癒し効果」と「美容と健康」を研究すべく、アロマセラピストとして活動開始。2007年からセックスアドバイザーとして活動開始。2010年よりラブライフアドバイザーに改名。性行為だけでなく、食生活やメンタルケアを含む生活全般の「ラブライフ」の在り方を提唱する。ラブライフを楽しむための講座や、サロンでのアロマトリートメントも行っている。著書『最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス』(実業之日本社)など。