撮影スポットも充実!テディベアと一緒に「横浜赤レンガ倉庫」のクリスマスマーケット

写真拡大

横浜市はドイツ・フランクフルト市とパートナー都市でもあり、ドイツとゆかりがあることから始まった、本場ドイツ風のマーケットは2010年にスタート。いまやすっかり冬の風物詩となったこちらは、デートにぴったりの雰囲気。

2015年11月28日(土)から12月25日(金)まで、横浜の赤レンガ倉庫・イベント広場では「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」を開催。昨年だけでも64万人の人が訪れたとか。

今年も広場の中央には、LED電球の温かな光に彩られた、高さ10mにもおよぶモミの木のクリスマスツリーが登場。周辺にもモミの木のクリスマスツリーが並木を作り、歴史ある横浜赤レンガ倉庫を背景にクラシックな雰囲気を盛り上げる。ツリーの下には、カップルで一緒に鳴らすと幸せになれるという「幸せの鐘」が設置されているから、彼と訪れたときは立ち寄って。

このイルミネーションの並木道の間には、ドイツから取り寄せたサンタやスノーマンなどの華やかなデコレーションで飾られた「ヒュッテ(木の小屋)」が、19台が並ぶ。こちらでは、本場ドイツさながらに、クリスマス雑貨を買ったり、ホットなメニューを楽しんだりできるそう。

例えば、専用オーブンで焼きあげる出来たての「自家製バウムクーヘン」(800円)や、伝統的なドイツケーキの「シュトーレン」(400円)、定番のホットワイン「グリューワイン」(700円)や温かいスープなどがラインナップ。いずれもクリスマス気分を盛り上げてくれるはず。


また、今年は初の試みとして、ドイツの老舗ぬいぐるみブランド「シュタイフ社」とコラボレーションした展示が横浜赤レンガ倉庫の2号館に登場。シュタイフ社の、キリスト生誕の場面をテディベアで再現したジオラマ「クリッペ」や、貴重なテディベアの展示などもあるとか。12月12日(土)から25日(金)の期間は、クリスマスツリーの前で「手持ちテディベアとの記念撮影サービス」もあるので、一緒に撮影したい女子は利用して。

「エントランスの並木道の手前には、本場ドイツのクリスマスマーケットでもよく観られる、巨大なくるみ割り人形も登場します。ツリーとテディベアはもちろん、こちらもクリスマスらしいフォトスポットとしてオススメです」と、広報担当者さん。


さらに、2号館の3階には、目の錯覚によって不思議な感覚が体験できる「サンタとトナカイのトリックアート」が。どんなトリックが見られるのかは、現地へ行ってみてのお楽しみ。

12月11日(金)、18日(金)限定で、19時から開催される「おしゃれHANABI」も、見どころ。音楽に合わせて、港に壮大な仕掛け花火が打ちあがるそう。クリスマスマーケットとともに、横浜港を彩る冬の花火を楽しめるのは、ここだけ。

素敵なフォトスポットが揃った、赤レンガ倉庫のクリスマス。潮風を感じながら、本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気に包まれて、温かいメニューやドリンクを味わって。