Doctors Me(ドクターズミー)- 親が薄毛だと自分も…!?薄毛は本当に遺伝する?

写真拡大

薄毛は遺伝する、と一般的に信じられています。親が薄毛だから将来が心配…などと悩まれている方もいるのではないでしょうか?
果たして薄毛は本当に遺伝するのでしょうか?
今回は、薄毛の遺伝について医師に解説していただきました。

男性型脱毛症・AGAは遺伝する!?

薄毛の原因は様々ですが、男性ホルモン「テストステロン」の代謝物である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の働きに関係して起こるといわれている、男性型脱毛症(AGA)によって薄毛になっている方は、遺伝と大きく関わっているといわれています。
男性型脱毛症は、髪の毛の毛根の先の毛乳頭にある、男性ホルモンと結びつく構造をもったアンドロゲンレセプターに、男性ホルモンの代謝物であるジヒドロテステロンがくっついてしまうために、毛髪がうまく栄養をとりこんだり、生えなくなってしまい、薄毛になってしまいます。
この、アンドロゲンレセプターとジヒドロテステロンとのくっつきやすさは、遺伝するとされています。

祖父が薄毛の場合は孫にも遺伝の可能性あり

また、この遺伝は、母親からの遺伝に影響するところが大きいとされています。母親もその遺伝の傾向を親から受け継いでおり、母親は女性であるために、男性ホルモンであるテストステロンの影響は少なく、男性型脱毛症の症状はでないことも多いため、わかりにくいのですが、
母親の父親である祖父が薄毛なら、男性型脱毛症の遺伝の要素の可能性があり、孫が薄毛になることも多いといえます。
そのため、祖父の薄毛が孫に隔世遺伝しているようにみえることもあり、薄毛は隔世遺伝するといわれる原因となっているとされています。

薄毛は遺伝だけが原因ではない!

しかし、薄毛は遺伝だけが原因で起こるものでもありません。
薄毛には、食生活やストレス、病気や睡眠などさまざまな要素が関係しているといわれており、遺伝が影響して起こる薄毛は、薄毛全体のおよそ25%ほどだといわれています。
食生活なども家族だと同じものを食べたり、似てくることもあるので、それも影響して、遺伝するようにみえることもあります。

【医師からのアドバイス】

薄毛に関しては遺伝を気にするよりも、まずは食生活や生活習慣をあらためたほうがよいでしょう。
それでも気になる場合は専門医を受診してみてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)