「炭水化物は太る」というのはダイエッターには周知の事実。でも、ご飯やパスタが大好きでやめることはできない! という人も多く悩ましいところですよね。そんなアナタに、脂肪にならない炭水化物の食べ方をご紹介します。

炭水化物で太るのはどうして?

炭水化物は三大栄養素のひとつで糖質とも呼ばれます。ご飯やパスタを食べてもすごく甘いというわけではないので、ピンとこないかもしれませんが、炭水化物も砂糖と同じ糖質なのです。糖質を食べれば血糖値が上昇するため、膵臓からインスリンを分泌することで血糖値を一定に保とうとします。インスリンは血糖値を下げるために糖質を取り込み、余分な糖質は脂肪として体内に蓄積します。そのため、炭水化物を食べ過ぎると太ってしまうのです。でも、炭水化物は体にとってはなくてはならない栄養素。ムリに炭水化物を食べないダイエットはおススメできません。

インスリンによる脂肪の蓄積を防ぐには?

お腹が空くと甘いものが欲しくなったりしますが、そこでむやみに食べてしまうとインスリンが大量に分泌されてしまいます。それによって血糖値が急激に下がってしまうと低血糖になってしまい、もっと甘いものが欲しくなる結果に。これでは、ダイエットには逆効果ですし、ダイエットを考えるなら血糖値の乱高下はできるだけ避けた方がいいのです。1日に摂るエネルギーの半分は糖質の代謝のために使われます。炭水化物は必要ですが、食事の量の半分くらいまでに抑えましょう。その上で、インシュリンの分泌を抑える食べ方を工夫する必要があります。

インスリンの分泌を抑える食べ方とは?

□食物繊維から先に食べる

食物繊維の多い食品を先に食べることで食べ物の消化・吸収が遅くなり、インシュリンの分泌を抑えることができます。ご飯やパスタを食べる前に、まずサラダなどを食べましょう。

□ゆっくりとよく噛んで食べる

ゆっくりと食べることで血糖値の急激な上昇を抑え、インシュリンの分泌を減らすことができます。また、よく噛むと唾液が分泌されますが、唾液にもインシュリンの分泌を抑える働きがあります。ごはんやパスタ、おうどんを食べるときほど良く噛むように意識してみましょう。

□食事にお酢を取り入れる

お酢には炭水化物の分解を遅らせる働きがあるので、食事に酢を取り入れることでインシュリンの分泌を減らすことができます。

食べ方を工夫し、食べ過ぎないようにすれば、炭水化物を一切やめる必要はありません。美味しく食べて綺麗になりましょうね。


writer:岩田かほり