パリ同時多発テロで不安広がる アラビア語の2人を一時搭乗拒否

ざっくり言うと

  • 米シカゴの空港で18日、アラビア語を話していた男性2人が搭乗拒否された
  • 乗客1人がアラビア語を話しているのを聞き、同乗するのが怖いと訴えたため
  • パリのテロを受け、米国の国内線では複数の似た事例が報告されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング