夏の暑い日差しも終わって、UVケアはまた来年と思っている人も多いのではないでしょうか。実は秋や冬にも紫外線が案外多いのを知っていますか?秋冬の紫外線ケアを怠ることで、夏にできなかった新たなシミができてしまうこともあるので、この時期もぬかりなくケアをする必要があるんです。

秋冬の肌の乾燥は日焼けが原因の場合も

寒くなって乾燥してくると気になるのがお肌のトラブル。お化粧ノリが悪くなったり粉を吹いたり、肌荒れが酷くなったり。季節の変わり目ということや、夏の疲れを引きずっていることもあるのですが、その乾燥はこの時期ならではの日焼けのせいかもしれません。夏には気を付けていても、秋以降の外出時にUVケアは忘れがち。しかし、秋以降も紫外線は降り注いでいます。紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)がありますが、春から夏に増えるUVBに比べ、UVAは夏を過ぎてもピーク時の1/2以上の量が降り注いでいるのです。積算量では秋から春にかけてのほうが多いというデータもあります。また、日焼けをすると通常の約3倍も乾燥しやすくなるそうですよ。

秋冬の紫外線は頭ではなく顔に直撃!

夏は日が高く上から紫外線が降り注ぐのですが、秋は日が傾き斜め上からの日差しが顔を直撃します。そのため、帽子をかぶっていても日差しをカバーできずにうっかり日焼けをしてしまうことになりかねません。夏ならば気を付けている手足や首も気づかぬうちに日焼けしていて、思わぬ乾燥やシミを引き起こしてしまうのです。

SPFではなくPAに注目して

UVA波はお肌のハリの減少やシワを増加させる怖い紫外線。せっかくの夏のUVケアや美白ケアを無駄にしないためにも、秋以降のUV対策をしっかりしましょう。日焼け止めにはUVB波を通過させないSPF値とUVA波を通過させないPAがあります。秋以降のUVケアにはPA+以上のものがおすすめ。UVAは波長が長く、曇り空や窓ガラスを通り抜けてお肌に影響をもたらします。秋冬であっても、スキンケアやボディケアにUVを意識しておくと良いかもしれませんね。

これからの季節、保湿と一緒にUVケアをして、美白と美肌を目指しましょう。


writer:しゃけごはん