古舘伊知郎

写真拡大

20日にヒゲの隊長こと、自民党の佐藤正久議員がTwitterで、「報道ステーション」(テレビ朝日系)が報じた内容の誤りを指摘した。


「報道ステーション、日本人が巻き込まれた事件、遺族のことも考えて数字は正確に」と題された佐藤氏の投稿は、同日の放送で、西アフリカ・マリ共和国の高級ホテルで発生した武装グループの立てこもり事件に関連した、司会の古舘伊知郎氏の発言の誤りを指摘するものだ。

佐藤氏は投稿で「本日発生したマリの事件と3年前のアルジェリア人質事件が関係あるかのような?の報道」と、古舘氏の発言に違和感を露わにしつつ「更に日本人7人が死亡と報道したが実際は10名人質が殺害された。正確な報道を!」と、発言の誤りを非難している。

番組で古舘氏は、今回の立てこもりと、2013年に発生したアルジェリア人質事件を関連付けると、「過激派組織は、アルジェリアとフランスに報復をすると予告をして、1月の16日…一昨年ですけれども。日揮の社員の方々、日本人7人が亡くなるという、あのプラント襲撃事件が起きているわけですよね」と発言。

しかし、日本政府はアルジェリア人質事件の日本人死亡者を、当初7人と発表したが、その後に10人と発表し直している。佐藤氏はその観点から、古館氏の発言は間違いと指摘したと思われる。

なお、番組はその後も、マリの事件の続報を伝えた。しかし、古館氏が先の発言について訂正することはなかった。

【関連記事】
長嶋一茂が安保関連法案を推進する自民党議員の佐藤正久氏を徹底追及
古舘伊知郎氏が特集コーナーの冒頭で言い間違え 神妙な面持ちで謝罪
古舘伊知郎氏が生放送中にネット動画キャラクターのモノマネを披露